homepage of hana usui

content of current page

Hana Usui - ウスイ ハナ

1974年東京生まれ。幼少時より書を習い、早稲田大学で美術史を学ぶ。2000年にウィーンに移住。その後、ベルリンに拠点を移すが2011年よりウィーン(オーストリア)とボルツァーノ・ボッツェン(イタリア)在住。ベルリン自由大学美術史研究所非常勤講師、ベルリン国立美術館、ミュージアムクォーターウィーンなどのワークショップリーダーを務める。

白や黒の油絵具を用いた抽象的なドローイングに墨で描いた背景や写真を組み合わせる手法の作品を制作2014年以降政治、社会的、環境問題などをテーマとし、アーティスティックな彼女独自のボキャブラリーを用いた作品発表を続けている。

彼女の作品は抑制されているとはいえ、非常に複雑である。それは、油彩画と水墨画(または写真)の関係、デッサンと絵画の技法の組み合わせ、非常に豊かなバリエーションに富んだ自由な線空間の緊張感などさまざまである。自国の歴史、福島や広島の歴史をテーマにした作品は、純粋なドキュメンタリーを避けることで新たな次元へ踏み出している。

 
 主な展覧会: 「 Japan Unlimited frei_raum Q21 / ミュージアムクォーター、ウィーン Show Me Your Wound」ドーム美術館、ウィーン(2018-19)、Profili del Mondoドローイングビエンナーレ、リミニ・イタリア2016)、Black Rain」ビルトラウム 01、ウィーン2015)、Hans Hartung, Informel and Its Impactベルリン国立美術館(2010年)、ドレスデン国立美術館(2010年)、「Japanese Contemporary Art on Paper」ドレスデン国立美術館、「Sensai 」ザルツブルク美術館(2009年)、「Works on Paper日本美術技術博物館ポーランド・クラク2009年)など


 主なコレクション: アルベルティーナ・ウィーン、ウィーン美術アカデミー、クンストパラスト・デュッセルドルフ、日本美術技術博物館・クラクフ、リミニ美術館、ザルツブルク近代美術館、オットー・マウアー・コンテンポラリーコレクション、ベルリン国立美術館ベルリン州立美術館、ドレスデン国立美術館、ウィーン美術館 など